忍者ブログ

日本シニアリビング新聞・電子版

外国人介護職採用に6割が前向き


6割の介護施設が外国労働者の採に前向きだが、実際に採用する際は日本語でのコミュニケーション能力が最大のネックであることがわかった。

 医療介護分野の転職サイトを運営するセカンドラボ㈱(東京都新宿区、巻幡和徳社長)が、調査した結果を7月10日に公表した。

 全国の医療介護施設を対象に「外国介護労働者の活についてアンケートを実施したもので、期間は今年6月9日から6月29日まで。有効回答数は151件だった。

 これによると、6割以上の施設が外国介護労働者の活に前向き。▽4分の1の施設ではすでに採している。▽採用における最大のネックは日本語でのコミュニケーション。▽介護記録が書けるレベルの日本語を求める施設が5割に上る――等がわかった。

 また、採の条件については「永住権を持つ外国介護労働者」へのニーズが43%と最もった。具体的には「介護分野の外国技能実習制度が既にスタートしているが、出来ることなら在住資格がある外国の採を進めていきたい」との意見もあった。

さらに、技能実習、在留資格「介護」、EPA等、これらの資格の「違いがよくわからない」という事業所も12%あり、この点について同社では「わかりやすく活しやすい制度設計がなされているとはまだえない」と分析している。

 結果の詳細についての問い合わせは、同社(☎03・6908・8361)まで。

PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R